FXは意外とシンプルだった!


FXでは売買手数料をしっかり確認しましょう


FXで取引をするさいにはおもに、売買手数料とスプレッドという2種類の手数料がかかります。スプレッドというのは通貨ペアの買値と売値の差額のことで、FXでは買値の方が高く設定されているため利用者にとってのコストとなり、事実上の手数料となるものです。

では、具体的にどのように手数料がかかるか見ていきましょう。たとえば、1単位につき売買手数料が500円、スプレッドが0.05円のFX会社で、米ドルを5単位分の50000ドル取引したとします。この場合、売買手数料は500×5=2500円となります。さらにスプレッドが、50000×0.05=2500円となります。この2つを合計して5000円分の手数料がかかることになるわけです。

fs6d

ということは、仮に通貨を買ったときと変わらないままの値段で売ったとすると、利益がゼロの上、買うときと売るときの2度分の手数料で合計6000円のマイナスということになってしまうのです。

短期の取引をしていると、ついこのことを忘れて、為替差益だけに目が行ってしまいがちになります。FX初心者のやり方として忘れてはならないのは、つねに手数料のことも頭に入れて、損益を考えるようにするということです。

FXの最大のメリットとして、レバレッジで少額の証拠金を元手にして、大きな金額を取引できるという点がありますが、当然その分だけ売買手数料やスプレッドも大きな金額となってしまいます。したがって、FX会社を選択する上でこの売買手数料やスプレッドの設定値は非常に重要なポイントとなってくるでしょう。

もちろんそれ以外にも、自動売買ツールや取引可能な通貨の種類、またレバレッジの最高倍率やスワップ金利のパーセンテージなどといった、さまざまな特徴が各FX会社にはあります。それらの面を総合的に考えて、最も自分のやり方にあった会社を選ぶことがよりよい利益を上げることにもつながってくることになるのです。

また、FXではできるだけ複数の口座を開設しておくようにしておいたほうがよいでしょう。システムトラブルなどの関係でしばらく取引ができなくなる、といった事態が起こることも十分に考えられることです。それに備え、そのような保険はつねにかけておくようにしましょう。XEマーケットはシステムトラブルが少ないことで有名です。XEマーケットの必勝マニュアル関連の記事が多く出回っているようです。それだけトレーダーの利用度が高いということですね。