FXは意外とシンプルだった!


FX取引ならどんな時間帯でもトレードができる!


イギリスのEU離脱が決まった影響で、株価の下落と円高が大きく進みました。株投資がますます難しくなった今、注目されているのが為替投資です!

為替投資が株投資と違うのは、通貨を両替して取引するというところ。

世界中の通貨があつかわれているので、トレードもかならず世界中のどこかで行われているわけなんですね!

ただし、FX取引には証券取引所のようなものはありません。取引されているのは、あくまでインターネットや電話上でのみ。つまり、東京市場やニューヨーク市場というのは場所ではなく、その地域で取引がもっとも活発になる時間で決められているだけなんですね!

それぞれの市場は、日本時間で次のようになっています。

ウェリントン市場(ニュージーランド)…午前4時~午後12時ごろ
シドニー市場(オーストラリア)…午前7時~午後16時ごろ
東京市場(日本)…午前9時~午後17時ごろ
香港市場(中国)…午前10時~午後19時ごろ
シンガポール市場…午前10時~午後19時ごろ
バーレーン市場…午後14時~午後23時ごろ
フランクフルト市場(ドイツ)…午後15時~午前1時ごろ
チューリッヒ市場(スイス)…午後17時~午前3時ごろ
ロンドン市場(イギリス)…午後17時~午前3時ごろ
ニューヨーク市場(アメリカ)…午後22時~午前5時ごろ

このように、オセアニア地域から始まって、ぐるりとアメリカまで一周する形で開かれていきます。もちろん、ニューヨーク市場が閉まるころにはすでにウェリントン市場が開いているので、トレーダーとしてはいつでも好きな時間にトレードができるわけですね!


よりチャンスの多い時間帯を狙おう!

株投資では、たとえば東京証券取引所なら午前9時~11時30分、午後12時30分~午前3時の5時間程度しか取引することができません。

でも、このように限られた時間しか取引できないと、ほとんどの方は勤務時間などと重なってしまいますよね。せっかく投資に興味を持っていても、それであきらめている人も多いのではないでしょうか?

その点、FX取引ならどんなライフスタイルの方でも、かならず空いた時間にトレードできるのがうれしいところ!

特に、FX取引というのは夜になると参加者が大きく増えます。参加者が増えれば値動きも大きくなるので、より大きな利益を上げるチャンスとなるわけです!そういった時間帯を好きに選べるのも大きなメリットですよね!

現在の為替相場は、イギリスのEU離脱の影響でアメリカの利上げも難しくなり、かなり長いスパンで円高が続きそうな情勢となっています。

みなさんもこのチャンスに、ぜひFX取引を始めてみませんか!