FXは意外とシンプルだった!


ロスカット・アラート(追証)について


FXを行う時に最も注意をしたい点とはロスカット・アラートであると言えるでしょう。この言葉と同じ意味を持つ言葉に「追証」や「マージンコール」等がありますが、これは具体的にどんな事かと言うと、保有しているポジションの相場が思惑とは逆の方向に動いた時に預け入れている証拠金が不足する事もありますが、その際に不足分を補填してくださいというお知らせメールの事です。このお知らせメールは証拠金が不足する前に届くので、いち早く対応する事でロスカットを避ける事が可能となります。

698udfs






ところで証拠金とはどんなものでしょうか。外国為替証拠金取引の事をFXと言いますが、その名前の通り外国通貨の売買の際に担保となる証拠金が必要となり、必要額を口座に入金する事で外国通貨の売買取引が出来るのです。この証拠金とレバレッジとは密接な関係があり、ロスカット・アラートも予め設定したレバレッジを使用する為に証拠金が不足した時に出されるものです。証拠金として必要な金額はレバレッジによって大幅に変動をするので、1倍から最高でも25倍となっているレバレッジの倍率とと自己資本を照らし合わせてレバレッジをどの位にするか決める事が必要となります。ちなみにアイフォレックスという業者では最高400倍までのレバレッジを利用することが可能です。このようにレバレッジの高い業者で自分なりのアイフォレックスの必勝法をあみ出して、取引をしてみるのが私のやり方です。

レバレッッジを利用する事によってそれだけ大きな取引が出来る事にもなりますし、また少ない金額で大きな金額を動かす事も可能となります。どんな取引を行いたいかという事とレバレッジをどの位にするかという事には大きな関係があります。例えば1万通貨の取引を行う場合にはレバレッジをどの位にしたら証拠金はいくら必要であるかという事は、FX会社のページを開くだけで直ぐに知る事が出来ます。1ドル100円の米ドルを買いでポジションを持つ時、レバレッジが1倍ならば等倍という事で100万円の資金が必要になり、25倍とする時には4万円の資金でも取引が出来る事になります。

関連サイト: 「エンベロープ.com」

レバレッジを大きくする事で4万円でも100万円分の取引が可能となりますが、その場合にはレバレッジ1倍の証拠金100万円を入金している場合に比べると、相場が予想と反対の方向に動いた時には、非常に早くロスカットの危険性が高まるようになります。実際にどの位相場が動いたら証拠金が不足するのかは各FX会社での取引ツールで直ぐに認識をする事が出来るようになっていますが、レバレッジを大きくする程に相場の動きには敏感になる必要があると言えます。FX取引が初心者であるという方にはレバレッジが2倍から3倍がベストであると言われていますので、ある程度の資金を用意した方がロスカットの危険を回避出来るという事になります。

勿論証拠金を補填する事により、ロスカットを回避する事が出来るので資金に余裕があれば証拠金を補充する事で取引を続ける事も可能となり、その後相場が持ち直して反対にプラスに転じる可能性も十分あります。その為にも資金には余裕を以って取引をする事が重要になります。アイガイタメという業者は、ロスカット無し(追証ゼロ)です。アイガイタメの必勝法においてはまだ開発中です。私はこのように、複数の業者を利用し、それぞれの攻略法を自分なりに構築して、自分に合った業者を見つけるようにしています。ご参考までに。