FXは意外とシンプルだった!


レンジ相場とバイナリーオプション


為替相場の動きは、世界各国の様々な事情や影響などにより、秒単位で刻々と変動しています。
通貨を銘柄した投資取引では、こうした為替相場を利用して取引きを行っていますが、例えば通貨での取引きに代表されるFX取引では、為替レートは上昇か下降の方向のどちらか一方向に、細かな上下動を繰り返しながら強く進んでいくトレンド相場という状態が好まれ、逆に一定の上値と下値の間で価格がゆったりと留まるレンジ相場は嫌われる傾向にあります。

レンジ相場では、一見すると為替レートの流れをつかめそうに思えるのですが、不規則に揺らぐように変動するために、予測がつきにくいのです。
その点トレンド相場は、大きな価格幅も生まれやすく、動きの一方向に進んでいくために、
予測が立てやすいという利点があるのです。

このように為替相場の動きというのは、実に投資家泣かせなのですが、通貨を銘柄にしたバイナリーオプションでは、こうした相場の様々な特徴に対応ができる取引ルールがそろっているのです。

先にもでたレンジ相場でも、バイナリーオプションでは問題なく利益を上げることができます。
バイナリーオプションの取引きルールの中に「ワンタッチ・ノータッチオプション」や「レンジイン・レンジアウトオプション」というものがあります。
これらを利用することで、先ほどのレンジ相場の状態であっても、有効的に利益を出すことが可能なのです。

例えばノータッチオプションを選択した場合は、一定の時間が経過するまでの間、あらかじめ設定されている価格に一度もタッチしなければ判定成功となります。
また、レンジインオプションでは、あらかじめ設定されている上値と下値の幅内から為替レートが出なければ判定成功となるものになります。
こうしたものを用いれば、逆に為替相場にあまり動きが見られないレンジ相場であればこその利益を上げることが、バイナリーオプションではできます。

また、乱高下の激しい相場であれば、この今度は一度でも決められた価格にタッチすれば判定成功になるワンタッチオプションや、決められた値幅内に入らなければ判定が成功になるレンジアウトオプションなどを選ぶことにより、さらに効率よく利益を求めていく事が可能になるのです。

バイナリーオプションでは、利益と損失の額が投資を始める前から分かるために、リスク管理がしやすい反面、利益の拡大と損失の縮小が難しくなっています。
このように判定の読みやすい相場とルールの組合せを選んで、積極的に投資を行っていく事で利益を伸ばすことができますし、不安な相場では投資額を小さくするなどして、利益を守ると、資産の運用がさらにうまくいくでしょう。
また、取引業者によっては、投資した後でも資金をいくらか払い戻してくれる権利放棄や、少ない配当金にはなりますが、事前に投資を終了して配当金を受け取る途中清算などの設定を用意しているところもありますので、事前に確認をするのが良いでしょう。